スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Bettina Speckner - Jewellery
ベッティーナ・シュペックナーによる、日本での5年ぶりとなる待望の個展がいよいよ昨日から始まりました。ブローチを中心に、ネックレスやピアスなど28点の作品から構成されています。

ベッティーナ・シュペックナーの作品は、特に写真を使ったジュエリーがよく知られていますが、写真の使い方には3種類の手法を取っています。

一つは、亜鉛板の上にエッチングを施す方法。
主に作家自身が撮影したイメージを使うことが多いそうです。
今回の展覧会では、エッチングを使った作品にはこんなブローチもあります。
モノクロの珊瑚のイメージの上には、珊瑚のカメオが。




二つ目は、エナメル(琺瑯)の面に写真を焼き付ける方法。
光沢のある表面が特徴で、カラフルな表現も可能になります。この場合もベッティーナ自身が撮影した写真を主に使っています。ベッティーナが前回の東京滞在の際に撮影した写真を使ったブローチは今回2点ありますが、これはそのうちの一つ。



こちらも同様にエナメルに写真を焼き付けたもの。
水たまりに木々などが映り込んだ光景を撮影したものだそうです。
シルバーのフレームも水たまりを思わせるシルエットです。



三つ目の方法は、古いフェロタイプ板を使うもの。19世紀に使われていた古い写真技法であるフェロタイプは、印画紙をクロムめっきした鉄板に密着させて光沢のある写真に仕上げる方法。作家が見つけた、あるいは譲り受けた"誰かの"写真がジュエリーの素材になるのです。


それぞれ色や質感、表情が異なる3通りの表現を使いながら、すべてがベッティーナの作品として一つの世界観を成しています。


また、今回の展覧会のために特別に小さな石を使ったピアスも作ってくださいました。
シードパール、サファイヤビーズやダイヤモンドビーズを使った小ぶりのピアスにも
ベッティーナらしいニュアンスのある雰囲気が感じられます。ぜひ会場でご注目を!


Bettina Speckner - Jewellery、7月29日(日)までの開催となります。
どうぞお越しください。






Exhibition | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://deuxpoissons.jugem.jp/trackback/174
Trackbacks
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :