スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
London 2012 Olympic and Paralympic Medals
つい先日、いよいよ開幕となりました「ロンドンオリンピック2012」。
もうご覧になられましたか?

今回のブログではオリンピック競技について・・・ではなく、
「オリンピックとジュエリー」
というこの一見交わらなそうな2つのジャンルから、
ひとつ嬉しいニュースをお届けしたいと思います。

厳しい競争のうえ、選手がついに手にしてゆく金・銀・銅のメダル。
実は今回のロンドンオリンピックとパラリンピックのメダルは、
どちらも英国のジュエリーデザイナーが手掛けているのです!



オリンピックメダル(右)はDavid Watkins(デイヴィッド・ワトキンス)、
パラリンピックメダル(左)はLin Cheung(リン・チャン)によるもの。

特に注目したいのが、過去にギャラリードゥポワソンでも2度個展を開催した
イギリスのコンテンポラリージュエリー作家、Lin Cheungです。

Lin Cheung




ロンドン芸術大学のセントマーチンズで上級講師もしているLinですが、
100人を超えるアーティスト/デザイナーの応募の中から6名のみが最終選考に残り、
そこでアイデアを発現させるよう依頼を受け、見事受賞者に選ばれました。

メダルのモデルは、大英博物館の有名な石膏像、ニーケーの勝利の女神。
"本物"という要素と、五輪の精神とのつながりを含ませたかったというLinは、
メダルの表面にも描写されているよう、"勝利の女神"からインスピレーションを得てデザイン。
ニーケーの石膏像の胸部辺りの型を取り、それを重ね合わせています。

裏側はオリンピックスタジアムへと導いてくれるであろう女神の翼を、
想像上でクロースアップしてイメージし、飛躍、強さ、そして軽さを表現した大胆なテクスチャに。





是非このメダルにも注目し、ロンドンオリンピック&パラリンピック2012を皆さんで楽しみましょう。

セントマーティンズ blog 記事
British Museum 記事
その他 | comments(0) | trackbacks(0)
9th anniversary
 
何日か過ぎてしまいましたが、5月1日でギャラリーをはじめて9年目になりました。

試行錯誤を繰り返しながらの日々でしたのであっという間でしたが、続けてこれたのも皆様のお陰だと思っております。ありがとうございます。

さまざまな国から作家を招待したり、アートフェアへ出展したり、ギャラリー以外の場所で作品展示をしたり、数えきれないほど色々してきました。
この事で少しでも多くの方が、ジュエリーって面白いと思っていただければ嬉しく思います。

この先も攻めの姿勢で沢山の事に挑戦してゆくつもりですので、9年目以降もこれまで以上に期待とご協力お願いいたします。


ギャラリードゥポワソン
森 知彦
その他 | comments(0) | trackbacks(0)
クリエーターズパレード at 銀座松屋



昨年銀座松屋7Fのデザインギャラリーで開催させていただきましたNEW DIRECTION IN JEWELRYに続き、今回8Fのイベント会場にてクリエイターズパレードという企画をさせていただくことになりました。

以前の企画ではジュエリーのみでしたが、今回は会場に十分なゆとりがあるため、ジュエリー以外にもバッグ、スカーフ、陶磁器、フェルトなど、様々なジャンルの方にお声がけする事ができました。クラフトフェアのような生活雑貨を中心としたイベントではなく、ファッション雑貨が中心で、若い方にも日常で使用しやすいものを撰んでいる部分は、少し新しいのではないかと思っています。

美術大学で技術を身につけ、現代の感覚を持つ素晴らしい作家は沢山いるのですが、発表の場が限られ中々見せる機会がないのが現状です。
手作りで、なおかつ洗練されたジュエリーや、手工芸品がある事をこの機会に知っていただければと思っていますので、期間中是非是非皆さまお越し下さい。

なお会期中会場にいるのは、ほとんどが作家本人です。
どうやって作っているのか、どういう活動をしているのかなどなど、興味のある事は色々と聞いてみてください。


会期
2012月4月18日-24日 10:00-20:00

会場
MATSUYA GINZA 
東京都中央区銀座3-6-1 8F

03-3567-1211(大代表)


出展作家などの詳細は以下のページをご覧ください。
その他 | comments(0) | trackbacks(0)
Art Fair


ジュエリーギャラリーをはじめてから早いもので今年で8年になりますが、そろそろArt Fairにも進出しようと思っています。
アートとインテリア、ファッションとクラフトなど、各分野がボーダレスな時代ですので、そろそろジュエリーもかわっていってほしいところです。

写真はFrançoise van den Boschの作品断片です。クリスティーズなどのオークションにも度々登場します。
その他 | comments(0) | trackbacks(0)
Categories
Recent Comments
Search this site :