スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
London 2012 Olympic and Paralympic Medals
つい先日、いよいよ開幕となりました「ロンドンオリンピック2012」。
もうご覧になられましたか?

今回のブログではオリンピック競技について・・・ではなく、
「オリンピックとジュエリー」
というこの一見交わらなそうな2つのジャンルから、
ひとつ嬉しいニュースをお届けしたいと思います。

厳しい競争のうえ、選手がついに手にしてゆく金・銀・銅のメダル。
実は今回のロンドンオリンピックとパラリンピックのメダルは、
どちらも英国のジュエリーデザイナーが手掛けているのです!



オリンピックメダル(右)はDavid Watkins(デイヴィッド・ワトキンス)、
パラリンピックメダル(左)はLin Cheung(リン・チャン)によるもの。

特に注目したいのが、過去にギャラリードゥポワソンでも2度個展を開催した
イギリスのコンテンポラリージュエリー作家、Lin Cheungです。

Lin Cheung




ロンドン芸術大学のセントマーチンズで上級講師もしているLinですが、
100人を超えるアーティスト/デザイナーの応募の中から6名のみが最終選考に残り、
そこでアイデアを発現させるよう依頼を受け、見事受賞者に選ばれました。

メダルのモデルは、大英博物館の有名な石膏像、ニーケーの勝利の女神。
"本物"という要素と、五輪の精神とのつながりを含ませたかったというLinは、
メダルの表面にも描写されているよう、"勝利の女神"からインスピレーションを得てデザイン。
ニーケーの石膏像の胸部辺りの型を取り、それを重ね合わせています。

裏側はオリンピックスタジアムへと導いてくれるであろう女神の翼を、
想像上でクロースアップしてイメージし、飛躍、強さ、そして軽さを表現した大胆なテクスチャに。





是非このメダルにも注目し、ロンドンオリンピック&パラリンピック2012を皆さんで楽しみましょう。

セントマーティンズ blog 記事
British Museum 記事
その他 | comments(0) | trackbacks(0)
Bettina Speckner インタビュー

ギャラリードゥポワソンにて7/29(日)まで個展を開催中の、ドイツのジュエリー作家 Bettina Speckner(ベッティーナ・シュペックナー)。


写真というユニークな手法と、大胆で圧倒的なデザインは一体彼女の中でどのようにイメージ化され、ジュエリーというひとつの形となるのでしょうか?

今回の個展に伴って、ベッティーナ本人に直接インタビューをしてみました。




1. どんな要素に重点を置いて、作品作りをしますか?(たとえばコンセプト、バランス、デザイン、素材等)


「わたし自身の講義より引用しましょう。


"ひとつひとつの作品、写真、物は初めは単体で成り立っています。時間を経るにつれてそれらが互いに惹きつけ合い、それが星座となって表れます。そのイメージが石やゴールド、貝などと同じ働きをするのです。"


"私のアプローチ方法は、コンセプチュアル(概念的)ではなく、連想的です。素材を、言葉やムード、記憶と混ぜ合わせます。"」





2. 作品を作る際、まずデサインを先にしますか?それとも作りながら、同時にデザインをし作り上げていくのでしょうか?スケッチはされますか?


「デザインしながら制作します。スケッチは… しないかと思います。」



3. ブローチやネックレスの裏側にも特徴的なデザインが施されているベッティーナの作品。意図的にこのように仕上げているのでしょうか?


「ジュエリーは常に三次元の物体ですので、裏側もフロントと同じだけ重要です。どちらの面にとっても良い解決作というのを見つけたいのです。そうすることで、作品が完全なものとなると考えています。」


 


たとえばこちらの植物の写真と、天然石を使ったブローチ。

裏側は、フロントとは違い少し機械的な印象も受けます。



このままブローチになっても素敵ですね。



4. ベッティーナにとって、自身と作品の関係は、パーソナル(個人的)なものなのでしょうか?それとも身につける側、鑑賞する側を意識して作品作りをするのでしょうか?


「自分自身のためにジュエリーを作るという意識はありません。たとえば画家が絵を描くように、私はジュエリーを作る。どういうわけか、そんな気がします。」




ベッティーナ・シュペックナーよる個展は

7/29が最終日となります。


お見逃しのないよう、ぜひご高覧くださいませ。

Exhibition | comments(0) | trackbacks(0)
Bettina Speckner - Jewellery
ベッティーナ・シュペックナーによる、日本での5年ぶりとなる待望の個展がいよいよ昨日から始まりました。ブローチを中心に、ネックレスやピアスなど28点の作品から構成されています。

ベッティーナ・シュペックナーの作品は、特に写真を使ったジュエリーがよく知られていますが、写真の使い方には3種類の手法を取っています。

一つは、亜鉛板の上にエッチングを施す方法。
主に作家自身が撮影したイメージを使うことが多いそうです。
今回の展覧会では、エッチングを使った作品にはこんなブローチもあります。
モノクロの珊瑚のイメージの上には、珊瑚のカメオが。




二つ目は、エナメル(琺瑯)の面に写真を焼き付ける方法。
光沢のある表面が特徴で、カラフルな表現も可能になります。この場合もベッティーナ自身が撮影した写真を主に使っています。ベッティーナが前回の東京滞在の際に撮影した写真を使ったブローチは今回2点ありますが、これはそのうちの一つ。



こちらも同様にエナメルに写真を焼き付けたもの。
水たまりに木々などが映り込んだ光景を撮影したものだそうです。
シルバーのフレームも水たまりを思わせるシルエットです。



三つ目の方法は、古いフェロタイプ板を使うもの。19世紀に使われていた古い写真技法であるフェロタイプは、印画紙をクロムめっきした鉄板に密着させて光沢のある写真に仕上げる方法。作家が見つけた、あるいは譲り受けた"誰かの"写真がジュエリーの素材になるのです。


それぞれ色や質感、表情が異なる3通りの表現を使いながら、すべてがベッティーナの作品として一つの世界観を成しています。


また、今回の展覧会のために特別に小さな石を使ったピアスも作ってくださいました。
シードパール、サファイヤビーズやダイヤモンドビーズを使った小ぶりのピアスにも
ベッティーナらしいニュアンスのある雰囲気が感じられます。ぜひ会場でご注目を!


Bettina Speckner - Jewellery、7月29日(日)までの開催となります。
どうぞお越しください。






Exhibition | comments(0) | trackbacks(0)
New Jewelry Pop-up Store
New Jewelry Pop-up Store 
@ ISETAN SHINJUKU THE STAGE #1 
会期:6月6日(水)〜12日(火)
会場:新宿伊勢丹本館1階 ザ・ステージ



2010年より、インディペンデントに活躍する
ブランドやデザイナーを紹介する
プラットフォームとして展開しているNew Jewlery。

この度、新宿伊勢丹本館1階 ザ・ステージにて
Pop-up Storeをオープンすることになりました!
貴金属だけでなく、貴石、ガラス、
プラスチックなどから生まれた作品はもちろん、
ファッションブランドや磁器作家、
刺繍作家などとのコラボレーション企画から、
使わなくなったパーツを新たな形にして作品を生み出す
再創造プロジェクト「Re-creation Project」も展開。
またWorkshopなどの参加型イベントも開催します。

見て、触れて、作って、楽しむイベントNew Jewelry。
新宿伊勢丹本館1階 ザ・ステージでお待ちしております!



◉ 参加ブランド ◉
・AMETSUCHI  www.ametsuchi.info
・bororo  www.bororo.jp
・chika yamazaki
・cookieboy  www. cookieboy.net
・ETSUKO SONOBE  www.etsukosonobe.com
・himie  http://himie.com/
・JUTIQU  www.jutiqu.com
・LiniE  www.sidecar.co.jp/foo
・Moko Kobayashi  www.maisondesperles.com
・PENTA  www.fujitatep.jp
・Ribbonesia  www.ribbonesia.com
・Rubus.   www.rubus.jp
・shihara  www.shihara.com
・SIRI SIRI  www.sirisiri.jp
・talkative by igo  www.igoigo.jp
・yiel  www.yiel.jp
・yoriko mitsuhashi  www.yorikojewellery.com

New Jewelry


Exhibition | comments(0) | trackbacks(0)
Categories
Recent Comments
Search this site :